私の世界観 10.経営のやり方が分からない!経営塾へ参加

細胞の元気が、仕事の元気!

元気企業コンサルタント 千原康裕の世界観 ブログ

~笑顔で元気に働き、豊かさとつながりを楽しむ大人で世界をいっぱいに!~


おはようございます!

元気企業コンサルタントの

千原康裕です。


家業を継ぐために修行に入った私。

全否定コミュニケーションの中、怒りと葛藤の日々。


今日のテーマは、

経営のやり方が分からない!経営塾へ参加

をお送りいたします。



朝7時には工場に入り、

機械を立ち上げ、

夜20時過ぎまで残業して、

機械の電源を落とす。



技術と経験を積むために

精進の日々を過ごします。



また、後継者として

父の会社に入社したので

「社長になる」という意識

を常に持っていました。



そんなとき、

ある疑問が浮かびました。



「社長って何する人なんだろう?」


漠然と捉えていた


社長:経営者像。


なんとなく組織のリーダー

みたいなイメージはありましたが、


具体的に何をする人なのか?


考えれば考えるほど

分からなくなりした。



っていうか、

そんなの知りませーん。

はい、経営学部出身ですけど、何か?(笑)



日々、お目に掛かる取引先の社長に

聞いて回りました。



あるとき、こう言われました。


世の中には

経営者が通う塾ってのがあるんだよ。

良かったらお前も行くか?



経営塾?



聞けば、

その地域では誰もが知っている

有名企業の経営者や後継者が

塾生として参加していると。



おー!
凄そうだなー!



内容も良くわからず、

「凄そう」というイメージで

参加することに。


半年間100万円かかるけど・・・


経営者が通う塾ってのは

そんな感じなのかなー。

分割なら良いかー。


金額の価値も分からず

経営塾に参加しました。



何か既に成功を

約束された気分でした。

これで「やり方」が分かる。



経営者として、

立派に会社を大きくして

大成功して

お金持ちになれる!



当時20代後半の私は

輝かしい未来に向かって

経営塾へ参加するのでした。



社長である父は、

そんな訳わかんないところに

行ってんじゃねぇ!

機械を回せ!

と怒り狂っていましたが・・・



俺はお前とは違う。
俺が会社をでっかくしてやる。


変な対抗意識を持ちつつも

経営塾へ参加しますが、


そこで人生の価値観を

根底から覆す出来事に遭遇します。


つづく。

人を幸せにする理念経営を探求する

「人を幸せにする理念経営」をテーマに、日々の気づきや学びを共有できれば幸いです。